2010年07月30日

電子印鑑のスタンプポン

電子印鑑という言葉は、PCで仕事を行う方であれば聞き慣れた言葉ではないかと思いますが、実際にこの印鑑を使用している方はどの程度いるのでしょう。
私も仕事で使うことが多い電子印鑑ですが、もちろん普通の印鑑を使う場合もあり、使い分けている状態です。
皆さんが使用する電子印鑑は、おそらくシャチハタなどの有料ソフトだと思われますが、私はシャチハタだけでなく他の印鑑も使用しています。
皆さんも一度フリーソフトの電子印鑑でネット検索をすれば、その数の多さに驚くでしょう。
そして、一体どの電子印鑑を使ってみれば良いのかわからず、使用を見送るケースもあるようなのです。

電子印鑑は一般的な印鑑とは違い、捺印の精度は完璧なもので、決して捺印の失敗や、真っ直ぐに押せないという事はありません。
100回押せば、100回とも正確に捺印する事ができるのがこの電子印鑑というアプリケーションソフトの最大の特徴なのです。
そして何よりも印鑑を押すときに時間を使う必要がなく、電子印鑑はほんの少し設定をするだけで、多くの書類に同じ捺印をする事ができるのです。
電子印鑑の捺印方法はPC画面上で行われ、簡単な設定を行いプリントアウトするだけでよいのです。
そして、今回紹介するスタンプポンは、電子印鑑の中でもかなり使用しやすく、またフリーソフトで誰にでも扱えるアプリなのです。
これだけ便利な電子印鑑のスタンプポンですが、フリーソフトである点は変わりませんし、これからも変わらないと思います。
便利な電子印鑑はスタンプポンだけではなく、ネットに様々なソフトがあるので皆さんも探してみてはいかがでしょうか。
こんな事は電子印鑑と普通の印鑑を持っている方であれば分かっている事だろうと思いますけれど。
posted by AXL at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

エクセルの電子印鑑

電子印鑑のアプリケーションは数あれど、エクセルで使える印鑑もまた存在しているのです。
会社に勤めている会社員の皆さん方は、こうした電子印鑑というアプリケーションを使ってみた事はあるでしょうか。
電子印鑑のアプリケーションにも、有料のものと無料で使う事のできるものがあり、そのどちらもとても優れたアプリであると考えます。
ただ捺印が必要というだけであれば、フリーソフトの電子印鑑で事足りるでしょうし、わざわざ有料のものを使う必要はありません。

電子印鑑のフリーソフトの中には、エクセルのソフトで使う事のできるものもあります。
エクセルの電子印鑑は、契約書などを作成するにあたり、非常に便利で効率の面でもとても優れています。
私も毎日のようにエクセルの電子印鑑を使っているのですが、これがあればわざわざ普通の印鑑を使う必要がありません。
印鑑を押すときは一回一回緊張していたものですが、こうした電子印鑑では、そんな緊張を強いられる事はなくなるのです。
普通の印鑑がぺたりと押されていた方が、信頼できる契約書だと考える方がいるでしょうが、私は電子印鑑の利便性を削除する事などできません。
仕事は本来効率よくこなすものであり、時間を無駄に割く行いをする必要などはなく、電子印鑑で短く済ませられるのならそれに越した事はないでしょう。
きっとアナタの想像していた以上の電子印鑑がそこにはあるでしょう。
そして、その電子印鑑の便利な機能に驚く事は間違いなく、きっと業務で使用してみたいと考えてくれるはずです。
シャチハタの電子印鑑は、押す事に捺印の違いがあり、通常の印鑑を使用しているような効果がPC上で得られます。
こうした電子印鑑もすでに存在しており、またこれからも多く普及していく事は間違いないと考えています。
posted by AXL at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

ワードの電子印鑑

電子印鑑をPCに導入している会社は数多くあると思いますが、皆さんはどのアプリケーションを使用しているでしょうか。
電子印鑑には、実に様々なアプリケーションがあり、有料のアプリや無料のアプリから分けられます。
シャチハタの電子印鑑は、印鑑のシャチハタと言われるだけの事はあるアプリケーションとなっているようです。
また、企業で多く扱われているのはやはりシャチハタの電子印鑑ではないかと私は考えていますが、どうでしょう。
どのような機能のある電子印鑑なのか、調べるにはネットのサイトを利用してみると良いでしょう。

電子印鑑のフリーソフトにも色々あり、有料にも劣らないアプリケーションだと言えます。
電子印鑑の良い所は、やはり紙に直接押すという時間が省ける点が一番だと思います。
このように、電子印鑑は普通の印鑑ではあり得ない時間の削減を可能としているのです。

電子印鑑がいかに便利なアプリケーションであろうと、書類に押すのは通常の印鑑でないと承認されないというケースもあります。
実際、電子印鑑では信用に足りないという取引先の方もおり、そういった方には通常の印鑑で対処するしかありません。
現在の電子印鑑の普及率を考えれば、このような考え方は少し頭が固いのではないかと思う事もあります。
しかし、これからまだまだ電子印鑑は普及を進めていくでしょうし、一般にも更に浸透して行く事でしょう。
エクセルやワードの電子印鑑であれば、企業だけではなく、一般の方にも使いどころはあるでしょう。
実際にこのような電子印鑑のアプリケーションを使用してみると、あなたはその使い心地の良さに気付くでしょう。
posted by AXL at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。