2010年05月30日

ワード検定の合格体験記

ワード検定なんて、資格を取ることはカンタンだ、と考えている方がこのサイトを見ていたら、それは注意をしたくなります。
なぜならば、私がワード検定の資格を取るのにかかった時間はかなりものでしたからね。
私自身、ワード検定の資格をとる事くらい楽勝だ、と考えていましたが、実際勉強してみて結構大変だった事を覚えています。
時にはインターネットでワード検定の問題を調べてみたり、暇つぶしにネットを使ってみたりと、勉強に集中する事がおろそかになってしまったのです。
実際私はワード検定の勉強をするためにサイトを調べていたら、いつの間にかエクセルの勉強をしていた事があります。
それ以外にも。ワード検定がタイピング検定の勉強にすりかわり、永遠とタイピングの練習をしていた事も記憶にありますね。
ですが、そう余計な事ばかりもしていられないので、気持ちを切り替えてワード検定のみに集中しました。
その頃には、かなり自信もあったのでワード検定の1級はとれるだろうと確信をしていたのですが。
結果、ワード検定の1級は不合格という知らせを受けてしまい、かなり落ち込んでしまいました。
結論から言えば、現在ではワード検定の1級の資格を手に入れているので、こういった文章も書けるのですがね。
それが良かったのか、ワード検定の1級を二度目に挑戦した時には、落ちるかと思っていましたが、受かりました。

ワード検定は、安い値段で受ける事ができますから、もし興味があればネットで調べてみるといいですよ。
ワード検定は、持っていればそれで役に立つ事が結構あると思いますし、実際に私は役に立ちましたからね。
ネットショップでワード検定の本を手に入れてもいいですし、勉強の仕方は人それぞれですから、強制はしません。
posted by AXL at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

ワード検定の独学方法

ワード検定を勉強するに当たって、まず必要となるのは、勉強するための資料ではないでしょうか。
そんな事は説明不要ですが、これはワード検定にとってとても大切な事でもあるので、ここに書かせていただきました。
そして、ワード検定を初めて受験しようと考えている方もいるかと思いますので、ここで少し語らせて下さい。
しかしながら、ワード検定の3級であろうとも、何も勉強せずにとれる程カンタンなものでは無いので注意して下さい。
勉強なしにワード検定の3級をとれるのであれば、わざわざ試験を作る必要もないので、勉強は必要不可欠です。
ですが、日常で、Wordを使う方もいらっしゃるでしょうから、そういう方であればワード検定の3級はとれるかもしれません。
もし、検定の資格をもっていないがWordを使っている方がいるのであれば、ワード検定の3級を受けてみましょう。

ワード検定の試験問題は、ネットのサイトにも載っている事があるので、テストを受ける前にそこで実力試しをしてみると良いでしょう。
もしそこで、ワード検定の3級がカンタンにクリアできるレベルなのであれば、あなたは3級の検定を受けるべきです。
もしかしたら、ワード検定の2級や、1級までもとれる実力もあるかもしれませんから、是非とも挑戦してみてください。
ですから、現在では独学でワード検定の勉強をするという方々が増えているそうなのですが、どうなのでしょうね。
私自身は、ワード検定の勉強は、エクセルやその他の勉強と同じようにスクールで勉強してしまった者なので、独学ではありません。
また、インターネットでワード検定の試験について講義しているブログもあるかもしれませんから、捜してみましょう。
posted by AXL at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

ワード検定の問題傾向

ワード検定とは、文章処理技能認定試験の略だと考えていても間違いではありません。
ですが、ワード検定には実に様々な分類があり、それをひとくくりで考えてしまうのは間違いであるかもしれませんね。
そして、ワード検定と似たエクセル検定も、色々な検定がありますので、覚えておいた方がいいかもしれません。
ですが、ワード検定を取るときは、エクセル検定も受けてしまう事が結構あるので、頭の片隅程度には留めておいても良いのではないかと思います。

ワード検定には、様々な分類があるとは書きましたが、ここで説明するのは文章処理技能認定試験であり、その他の事には言及しないでおきます。
ですので、ワード検定はここでは文章処理技能認定試験をイコールとして考えていこうと思います。
その方がカンタンですし、分かり易いかと思いますので、皆さんもワード検定は文章処理技能認定試験だと(ここだけでは)考えておいて下さい。

ワード検定には、3種類の級があり、それは1級から3級までにわかれています。
これらはもちろん、階級ごとにワード検定の難易度も上がってきますので、注意が必要となってくるでしょう。
単純にワード検定の問題について覚える事が増えていくので、一番下の級をカンタンにとれたからといって、安易に1級もとれるとは考えない方が身のためです。
それはどのような検定試験にも言える事で、ワード検定にしろ何にしろ、階級が上がれば難しくなるのは当然なのです。
それらワード検定の知識を身につけて、勉強をしていくのは良いやり方ではないかと私は考えています。
もし初めてワード検定を受けようと考える方がいるのならば、このインターネットは格好の勉強法となるのではないでしょうか。
posted by AXL at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。