2010年01月30日

リコーのブレードサーバー


これはブレードサーバーの文書管理、文書配信ソフト群に対応するためのものです。
内部統制強化に要求される基本三文書の管理をブレードサーバーリコーでは強化しています。
リコー独自のブレードサーバー認証機能も搭載しています。
またブレードサーバーリコーは、クライアントライセンス数を大幅に強化しています。

ブレードサーバーリコーは、Webブラウザを通じて管理文書にアクセス可能です。
ブレードサーバーリコーでは従来から、ITの導入や内部統制を行ってきました。
セキュリティーや事業継続の部分まで、ブレードサーバーリコーは提供しています。
また、全国規模で365日ユーザーのIT環境をブレードサーバーリコーはサポート。
データセンターを利用したブレードサーバーソリューションは、事業継続ソリューションとして位置付けられています。
エンタープライズサービスとして、ブレードサーバーリコーは、大規模な顧客に対してサービスを展開してきました。
そしてリコーのブレードサーバーが新たに中小規模向けにサービスを開始しています。
事業の継続性が叫ばれている今、リコーブレードサーバーは、中堅企業に着目しました。
ブレードサーバーのサービスはエンタープライズマネージドサービスハウジングパックです。
このブレードサーバーサービスは、リコーが100%出資する会社が行なっています。
大企業だけでなく、中堅企業にも安心してブレードサーバーを利用してもらうシステムです。
ブレードサーバーリコーは、管理者の業務負担を軽減させて運用コストを低減させます。
中規模システムでも利用しやすいサービスをブレードサーバーリコーは実現しました。
posted by AXL at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

hpのブレードサーバー


そしてブレードサーバーhpでは、最適なサーバ統合を提供しています。
統合に必要なサーバとWindowsサーバをブレードサーバーhpで購入できます。
中小向けタワー型ブレードエンクロージャをブレードサーバーとしてhpは発表。
唯一異なる点は、ブレードサーバーでは業界初のタワー型形状が採用されている点です。
底部にキャスターを備える点だけという、ユニークなブレードサーバーの製品です。

ブレードサーバーhpは、未開拓の中小規模案件やユーザーの声を率直に反映しています。
しかしブレードサーバーには、ケースやラックのサイズの問題などが懸念されています。
そしてブレードサーバーの切り替えスイッチなどの設置スペースの問題もあります。
さらには特殊な200v電源のブレードサーバー問題や価格の問題が挙げられています。
このような問題からブレードサーバーの導入に踏み切れない人が沢山います。

ブレードサーバーhpは、遠隔管理機能や統合管理画面によって、リモート管理も可能です。
専用のディスプレイやキーボード、マウスや切り替えスイッチもブレードサーバーhpでは不要となっており、ケーブルも電源ケーブルとLANケーブルのみで可能です。
さらにブレードサーバーhpでは、8枚のブレードを格納でき、オフィス内の状況は一新。
タワー型サーバが乱立し、ケーブルが絡んだ状況はブレードサーバーhpで改善されます。
電源の問題でも、ブレードサーバーhpではAC100Vに対応可能で工事不要です。
壁コンセントからそのまま利用できるメリットがブレードサーバーhpではあります。
ブレードサーバーhpは新開発された小型高効率パワーサプライにより、AC100Vでも強力な製品をフル搭載できます。
posted by AXL at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

富士通のブレードサーバー

ブレードサーバー富士通は、世界初のイーサネット接続が可能な新機種を発表しました。
ブレードサーバーのハードウェアを軸に展開してきた戦略に見直しを図っています。
ブレードサーバー富士通では、20%のシェアを目指す方針を打ち出しています。
新機種では、ブレードサーバーブレード1台あたりの処理量を2倍にまで最大向上。
CPUにはXeonの新バージョンのDempseyをブレードサーバーに採用しています。
富士通のブレードサーバーでは、次世代のWoodcrestも搭載していく予定です。
ブレードを格納するシャーシは従来のブレードサーバーのままですが、スイッチを新開発。
合わせてミドルウェアでブレードサーバーを機能強化しています。
これによって、物理的にNICの数の不足であった課題をブレードサーバー富士通は解決。
これに対してブレードサーバー富士通は、SANブートと保証期限の延長サービスで対応。
システム領域やデータ保管領域をSANに置くのがブレードサーバーSANブートの仕組み。
予備のブレードをブレードサーバーに備えることで、迅速な故障対応が可能になります。
ブレードサーバーのブレードは増設しながら使用するのが基本であるという見地からです。
ブレードサーバーの用途としてサーバー統合やシンクライアントの併用にも手を打ちました。
ニーズに対応するため、ブレードサーバーの導入パターンのテンプレートも増加しました。
サーバーやSAN構成を済ませる受注生産サービスもブレードサーバー富士通は展開。
富士通はブレードサーバーの開発で社長直轄の開発部隊の設置を発表しています。
ブレードサーバーは多くのサーバーを省スペースで集約可能で、今後20~30%の伸びが見込まれると予測されています。
posted by AXL at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。