2009年12月30日

東洋大学のフードコート


それも超凝った料理ボリューム満点の料理をワンコインで食べられるフードコートがね。
東京都文京区の東洋大学白山キャンパス6号館地下、そう、そこは学生食堂、所謂学食です。
まあ確かにね、学生食堂というのは、大抵がセルフサービススタイル、好きな料理をトレーに乗せて、レジで精算を済ませ、好きな場所に陣取って食べます。
そこで、ここ一ヶ月、何回かに渡って潜入捜査をして来ました。
そして、出た結論、それは、この値段でこんな料理を出してもいいのかっというようなとんでもないフードコートであるという事です。

フードコートは比較的リーズナブルで多種多様の料理を味わえるものの、フードコート、イコール、ファーストフード街、そんなイメージが強いじゃないですか。
まあ、最近は、本格的な料理を出してくれる名店が軒を連ねるフードコートも随分増えて来てはいますよ。
でも、それは、東京ミッドタウンやラゾーナ川崎のような大型複合施設での話。
一般のショッピングモールやスーパーの一角にあるフードコートでは、まだまだ定番メニューが主流です。
うどんでしょ、そばでしょ、ラーメンに、チャーハンに、カレーライス、後はお好み焼きやたこ焼、焼きそばなどの粉物。
まあ、加えて、フランクフルトにフライドポテト、フライドチキンにアイスクリームは、どこのフードコートに行っても食べられるメニューです。
安い、速い、そこそこ美味しい、そして全ての世代に愛される、この4つの条件を満たしているという事もあるのでしょう。
こうしたメニューは王道の売れ筋商品であり、好きなフードコートメニューの上位にもしっかりとランクインしています。

フードコートの必須条件は、考えてみれば学生食堂にとっても絶対条件な訳で、フードコートが大学に適した飲食スタイルであるのは事実です。
インド人の造る本格カレーと焼きたてのナンは最高だったし、あの洋食屋さんのとろりとした半熟オムライスなどは、完全に学食の域を超えてますね。
されど、その値段と料をみると、やっぱここはキャンパスの中の学生食堂なんだなぁって実感させられます。
東洋大学のフードコートに入っている店舗は全部で6つ、カレーやラーメン、パスタの専門店と洋食屋さん、この辺りまではまだ許せます。
いくら大学のフードコートとは言え、こんなグルメな料理を500円そこそこで食べてもよいものなのだろうかと、不安になってしまいましたよ。
東洋大学のフードコートに関する情報はブログやサイトにも沢山掲載されていますから、是非ごらんになってみて下さい。
私の東洋大学フードコート潜入調査は一応終了しましたが、これからも週に何度か通いたいと思っています。
posted by AXL at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

グアムの巨大フードコート

フードコートと言えば、だだっ広い空間の周囲を複数の飲食店が囲うように並び、その真ん中に共有のダイニングが広がっているフードコート。
私はフードコートという言葉を聞くと、真っ先にこんな光景を思い浮かべます。
多種多様の店舗とメニューがラインナップされていて、好みの店のカンターでオーダーし、清算を済ませる。
また、配膳も片付けもセルフサービスで行うのがフードコートの鉄則です。
そのため、大抵どこでどんな料理を注文してもトレーに載せられます。
昔は、ハンバーガー屋さんだけだったのに、今はラーメンでもうどんでもトレーに載って来るのね。
そう言えば、おばあちゃんが若い頃って、日本にはファーストフード自体殆どなかった訳で、セルフサービスの飲食店そのものが珍しかったんでしょうね。

フードコートはもともとアメリカの空港やショッピングモールで発展したものですが、アメリカでフードコートが定着したのは1980年代の事なんですね。
フードコートの本場ですらも比較的新しいスタイルなのにはちょっとビックリ。
でも、欧米にはもともとビュッフェという飲食スタイルが普及していたじゃないですか。
だから、フードコートが大昔から存在していたような気がして仕方ないんですよね。
日本でも人気を博すのには、それなりの理由はちゃんとあるんですよね。
嘗てグアムの巨大マーケットで見た国際感覚豊かなフードコートが、今では日本各地で体験出来るようになりました。
例えばグアム最大級のショッピングモール、マイクロネシア・モールの2階では、ハンバーガーやチキンだけでなく、お寿司やビビンバも食べられます。
フィリピンや中国系の人も大勢訪れるフードコートなので、当たり前のように、そうした国々の料理を提供するお店も入っています。
常時20店舗ほどが営業していて、600席ほどあるダイニングはいつも満員。
私は特に、おかずの選べるチャイニーズのお店が好みなんですよね。
関西のフードコートでは結構なじみのあるパンダエクスプレスみたいなお店ですね。
今は円高ドル安だから、グアム旅行なんかはすごくお手軽に行けるし、ブログやサイトでお得な現地情報も沢山収集出来ます。
運悪く雨に降られても、ブログやサイトでしっかりと情報収集さえしていれば、がっかりする必要なんて全くありません。
島内にある何カ所かのショッピングモールとフードコートを巡るだけでも十分グアム旅行を楽しめると思いますよ。
posted by AXL at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

コストコのフードコート

フードコートなら絶対にコストコのフードコートに限る、そう言い切る友達がいます。
確かに、コストコのフードコートはとにかく安くてボリューム満点。
その全てがアメリカンサイズとスタイルという感じですから、お得感はすごくありますよね。
でも、日本のフードコートでは、ドリンクとのセットメニューは当たり前のようにあっても、飲み放題じゃない事が殆どじゃないですか。
おかわり自由とかドリンクバーというシステムそのものを見かける事はめったにないですよね。
と言うか、ホットドックをオーダーすると、自動的にフリードリンクの権利が得られちゃったりなんかするんですけどね。
ただ、もとがアメリカンサイズのフードコート、あのカップの大きさでは、そう何杯もガブガブ飲めるものではありません。

フードコートの魅力の一つに安くて速い事がありますが、少なくともコストコのフードコートは、この二つの条件をしっかりと満たしています。
流石はファーストフードの本場からやって来たフードコートだなぁっと思います。
しかも、ピザにしてもホットドッグにしても、アメリカンサイズだから、結構デカイ。
おまけに、さっき言ったように、フリードリンクだしね、余りお小遣いに余裕のない人には最適なランチスポットと言えるかも知れません。
そんなの当たり前だと思われるかも知れませんが、このコストコの店内への侵入、それは誰でもが許される事ではないのです。
コストコの店内に入るには、年会費を払って会員にならなければならない訳で、例えフードコートのみの利用であっても、その条件は変わりません。
因みに、コストコの年会費は、法人で3,670円、個人だと4,200円もします。
そもそもそれが、コストコのフードコートの本来の利用法なのです。
まあ、そういう使い方をすれば、高価な会員証もそれなりの価値と利益が出るというものですけどね。
ところが、コストコの場合だと、大抵はホットドッグを頬張るかピザをつまむか。
店内の買い物スタイルにしても、やはり抵抗のある日本人はまだまだ少なくないようですね。
それに、日本ではまだ9店舗しかありませんから、フードコートどころか、コストコそのものを知らない人もすごく多いんです。
友達のようにお気に入りになって、毎日のように通えるのも、コストコのある川崎に住んでいるからこその事なんですよね。
まあ、噂によると、私の住んでいる街にも近々コストコがお目見えするそうですから、その時は会員になってもいいかなぁっと思っています。
ただ、コストコのショッピングゾーンとフードコートを上手に利用するためには、事前にブログやサイトでしっかり学習しておく必要がありそうですけどね。
posted by AXL at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。